空港駐車場職員ら4人が陽性 台北でオミクロン2例も確認

桃園市で4人の新型コロナウイルス新規感染が発覚したことを受け、中央流行感染症指揮センターは1月4日(火)の定例会見で、桃園市民へのマスク着用など予防対策強化措置を発表した。同日から17日(月)まで、桃園市民は外出時のマスク着用を必須とし、飲食時を除き屋内外での運動時など着用免除措置はすべて一時的に廃止される。

桃園市では空港の駐車場清掃員の陽性が発覚、後に同僚の3名も陽性であることがわかった。さらに空港と隔離用ホテルを行き来する「防疫タクシー」のドライバー1名も陽性となり、5日(水)時点で計5人の国内感染が報告されている。

また台北市中正区のホテルで3日(月)、隔離中の旅客2名のオミクロン株感染を確認。ホテル内で感染した可能性があるとして新規入居者の受け入れを一時停止し、空調や消毒などホテル側の設備を確認している。

(1月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP