トレペ盗み賠償18万元 被害者が恐喝罪で反訴

 今年8月、高雄市に住む女性が、路上に置いたトイレットペーパーを盗まれ、後に自首した犯人に和解金など18万元を支払わせた件で、警察はこのたび女性を財物恐喝罪で送検する方針を明らかにした。

 事件は8月、女性がバイクの傍に購入したトイレットペーパー2パックを置いたまま現場を離れた際に発生。犯人は資源回収業を営む高齢の女性で、トイレットペーパーを持ち去った後に後悔し、自ら派出所に出頭。和解を求めたが、代金798元に加え100倍の賠償金79800元を要求、さらに翌月には弁護士費用など10万元の支払いを求め「支払わなければ刑務所行き」などと脅した。犯人の女性は要求された金額を支払ったが、反対に相手を訴えた。

(10月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP