天母の歯科でセクハラ 医師が犯行すべて認める

 天母にある歯科クリニック「三愛牙醫診所」で、受診した女性が歯科医からセクハラを受けたとして警察に通報。さらに被害者を増やしたくないとしてFacebook上に投稿すると、加害者である歯科医自身が名乗り出たうえ、女性の発言をすべて事実として認めた。

 被害者女性によると8月21日(土)治療のためにクリニックを訪れ、手を触られる、首にキスをされるなどし、驚いてすぐに離れた。しかし今後被害者が増えることを懸念し、再度来訪。医師とのやりとりを録音し通報した。

 医師は犯行について「抑えきれなかった」など開き直り「これまで日本人にも手を出した」と自白。日本語ブログを運営しており、近隣に住む日本人女性からも同様の被害が報告されている。

(8月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP