台東のイベントで規定違反 縣長・議員らが肩並べ食事

圖/Facebook

 台東縣で8月14日(土)に開幕したイベント「南迴芸術季」のオープニングパーティで、屋外に設置された飲食テーブルに隔離版を設置せず、ブッフェスタイルで食事を提供していたことがわかった。開催側がネット上にアップした写真を見た市民の摘発により発覚、これに対し縣衛生局は調査を実施、場合により最高で30万元の罰金を科すとしている。

 中央流行感染症指揮センターでは警戒レベルを二級に引き下げるとともに、飲食のイートインを条件付きで解禁。ガイドラインでは席の間隔を1.5㍍以上空け、隔離版を設置、ブッフェではスタッフが取り分けるなどが規定されているが、イベントではこれらが遵守されていなかった。縣長や副縣長、縣議員らもパーティに参加し食事を取ったが、写真ではいずれも隣り合わせて座っていたことがわかった。

 主催側は、事前の計画では規定を遵守していたが、現場管理が行き届かなかった、処罰を受け入れるとのコメントを発表している。

(8月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP