高額の納税延滞者リスト トップは官僚の息子一族

 財政部は7月1日(木)今年の高額税金滞納者リストを発表、トップは2004年に逝去した黄任中だった。

 黄任中は国民党の官僚・黄少谷の息子で、遠東航空など大手企業の株や投資で財を成し、1995年には「フォーブス」の世界長者番付216位に入った。当人はすでに故人だが、一族の滞納額は利息、遅延、過怠金を含め52億3000万元。しかし一族はすべて海外に居住しており、最終的には償却される見込み。

(7月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP