入店の実名登録がスムーズに オードリー・タン氏が開発

 IT大臣として知られる政務委員オードリー・タン(唐鳳)氏は5月19日(水)会見を開き、中華電信など大手キャリアと提携した「実名登録用」アプリを開発したことを発表した。

 近頃の新型コロナウイルス感染拡大を受け、店舗利用時にはQRコード読み取りか用紙に氏名や電話番号、入店人数の記入が必須とされ、消費者の間では個人情報を店舗に残すことへの不満が募っている。タン氏によると今回開発された実名登録方法は3種あり、いずれも所要時間は5秒程度と大幅な削減を実現。 今回開発された実名登録方法は3種あり、いずれも所要時間は5秒程度と大幅な時短を実現。LINEの「疾管家」公式アカウントからQRコードを読み取るほか、カメラアプリでQRコードをスキャンすると自動的にSMS(簡訊)アプリが起動、店舗に割り当てられた番号をそのまま送信する。またカメラがない端末では手動で「1922」宛てにSMSを送信する。なお送信は無料。

(5月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP