登山客が下半身露出 記念撮影で風紀乱す

 花蓮縣秀林郷の太魯閣國家公園奇莱主山北峰にて、登山客の男性3人がズボンと下着を下ろし下半身を露出させた写真を撮影、ネット上に投稿していた件で、保安警察第七総隊は11月21日(土)、3人の身元を確認し風紀妨害罪で送検する方針を示した。

 同隊によると男性らは20日(金)に奇莱山へ登り、北峰の山頂で露出写真を撮影。さらにFacebookの登山ファンらによる掲示板に投稿していた。警察では太魯閣國家公園管理署に入園資料などの提供を求め、身元を特定するとしている。

  4人の行為は「国家公園法」及び刑法第235条「風紀妨害罪」に抵触するもので、ほかの登山客への配慮や自然環境への尊重に欠けるとしている。

(11月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP