20本の抜歯手術 退院後肺炎で死亡

 嘉義市に住む34歳の女性が、虫歯の治療で20本を抜歯した後、肺炎に感染し11月13日(金)に亡くなった。

 病院によると、女性は10月30日(金)クリニックからの紹介で総合病院の口腔外科外来を受診。虫歯により18本が壊死していたため、11月4日(水)に全身麻酔のうえ抜歯手術を受けた。術後は2時間ほど快復室で休み、血圧や血中酸素量など状態も良好だったため同日帰宅した。

 ところがその翌日、女性は昏睡状態で救急搬送。9日後の13日(金)に延命装置を停止し、死亡した。検死の結果右肺の誤嚥性肺炎が見つかった。遺族らは手術中の事故などを疑い、病院側の責任を問う方針。

(11月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾の街を歩いていると、国旗や看板、雑貨など、赤がよく目につきます。特に旧正月になると街が赤…
PAGE TOP