台北市議、発言に一転 不動産持ち賃貸に居住

台北市の游淑慧・市議がかつて「内湖に10年賃貸で住んでいるが、家は買えない」と発言したのに対し、近頃自身の名義で不動産2件、土地4件を所有していることがわかった。

これについて市議は、昨年不動産を購入したが仕事が忙しくリフォームも進められず、現在も賃貸物件に住んでいることを公表。かつての発言は平均的な収入のある独身女性でも不動産を購入できないという意味だと説明した。
(11月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP