西門町で刺傷事件 拳銃型ライター引き金に

台北市の西門町で10月19日(月)23時頃、24歳の男性が男らに刃物で刺される事件が発生した。犯人の男らは現場から逃走したが、警察は監視カメラの映像などから犯人を特定、20日(火)正午頃三重市で共犯を含む3人を逮捕した。

調べによると被害者の男性は犯人の男らと面識はなかったが、共通の知り合いである50歳代の男を通じて紹介されることになっており19日(月)夜西門町で待ち合わせた。昆明街と漢口街交差点付近に集合した際、男性が拳銃型のライターを持っているのを誤解した男らが激昂し、男性につかみかかり揉み合っている中で刺したとみられる。

警察は20日(火)、男らを殺人未遂罪で送検した。

(10月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP