日本で陽性判定の台湾人2名 出国時に陰性、試薬に疑問

中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイルス陽性が発覚したことを報告。累計で13例となったことがわかった。

報告によると3人のうち2人は台湾におけるPCR検査で陰性と判断済み。さらに日本で使用している検査試薬マニュアルによると、真陽性の判定率はわずか73%にしか満たず、偽陽性の疑いがあるとした。

マニュアルによると、試薬は認可前のテストで30例の陽性を検出したものの、PCR検査では22例に留まっている。台湾からの出国時に陰性だった場合、日本で同試薬による陽性判定は偽陽性の可能性が高いと指摘した。

また陳部長は、同日時点で台湾から諸外国へ渡った人の陽性判定累計数はわずか49例で、さらに国内における接触者約1100人もすべて陰性との判定結果が出ていることから、検査の限定性を強調。いずれにせよ、マスクの着用など自主的な予防措置を採るよう呼びかけている。

(10月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP