ウミガメの虐待案件 小琉球で頻発か

屏東縣沖の離島・小琉球の美人洞ビーチで10月3日(土)、観光客の男性がウミガメを捕まえようとしている姿がほかの観光客に撮影され、通報されるという事件があった。海巡署は通報を受け男性の聴取を行い、「野生動物保育法」第18条違反で書類送検した。

連休に入り、小琉球では保護動物であるウミガメを虐待する事件が多発。多くが「ちょっと触っただけ」などとして虐待を軽視しているという。

(10月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP