インフルエンザ予防接種 公費負担がスタート

公費によるインフルエンザワクチンの無償接種が始まり、高雄市では初日となる10月5日(月)、5万1422人が接種。うち65歳以上の高齢者が2万7316人だった。

衛生福利部疾病管制署によると初日の接種数は台湾全土で40万人、6日(火)を含めた2日間で85万5592人と、昨年比38%増。なお50歳以上がそのうち75%を占めるという。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は国民からの公費接種を希望する声が増加。実際の接種数にも表れており、台大医院は7日(水)、ワクチンの在庫が切れたため接種を中止することを発表した。これに対し疾病管制署は8日(木)、追加分を同院に送り継続して接種できるとした。

(10月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インフルエンザ予防接種 公費負担がスタート

公費によるインフルエンザワクチンの無償接種が始まり、高雄市では初日となる10月5日(月)、5万1422人が接種。うち65歳以上の高齢者が2万7316人だった。

衛生福利部疾病管制署によると初日の接種数は台湾全土で40万人、6日(火)を含めた2日間で85万5592人と、昨年比38%増。なお50歳以上がそのうち75%を占めるという。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は国民からの公費接種を希望する声が増加。実際の接種数にも表れており、台大医院は7日(水)、ワクチンの在庫が切れたため接種を中止することを発表した。これに対し疾病管制署は8日(木)、追加分を同院に送り継続して接種できるとした。

(10月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP