インフルエンザ予防接種 公費負担がスタート

公費によるインフルエンザワクチンの無償接種が始まり、高雄市では初日となる10月5日(月)、5万1422人が接種。うち65歳以上の高齢者が2万7316人だった。

衛生福利部疾病管制署によると初日の接種数は台湾全土で40万人、6日(火)を含めた2日間で85万5592人と、昨年比38%増。なお50歳以上がそのうち75%を占めるという。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は国民からの公費接種を希望する声が増加。実際の接種数にも表れており、台大医院は7日(水)、ワクチンの在庫が切れたため接種を中止することを発表した。これに対し疾病管制署は8日(木)、追加分を同院に送り継続して接種できるとした。

(10月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インフルエンザ予防接種 公費負担がスタート

公費によるインフルエンザワクチンの無償接種が始まり、高雄市では初日となる10月5日(月)、5万1422人が接種。うち65歳以上の高齢者が2万7316人だった。

衛生福利部疾病管制署によると初日の接種数は台湾全土で40万人、6日(火)を含めた2日間で85万5592人と、昨年比38%増。なお50歳以上がそのうち75%を占めるという。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は国民からの公費接種を希望する声が増加。実際の接種数にも表れており、台大医院は7日(水)、ワクチンの在庫が切れたため接種を中止することを発表した。これに対し疾病管制署は8日(木)、追加分を同院に送り継続して接種できるとした。

(10月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP