アジアくら寿司が台湾で上場 2030年内に1000店へ

日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエクスチェンジ(TPEx)」へ新規上場(IPO)した。

同日はTPEx証券売買センターでの上場セレモニーとともに、現地と大阪のくら寿司貝塚事務所を中継した記者説明会を開催。大阪事務所をオンラインで繋ぎ、くら寿司株式会社・田中邦彦社長、アジアくら寿司・西川健太郎董事長兼総経理が登壇した。

台湾には2014年に進出、日本の回転寿司チェーンとしては最多の29店舗を構える。10年以内に全世界1000店舗を目指す。

(9月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP