アジアくら寿司が台湾で上場 2030年内に1000店へ

日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエクスチェンジ(TPEx)」へ新規上場(IPO)した。

同日はTPEx証券売買センターでの上場セレモニーとともに、現地と大阪のくら寿司貝塚事務所を中継した記者説明会を開催。大阪事務所をオンラインで繋ぎ、くら寿司株式会社・田中邦彦社長、アジアくら寿司・西川健太郎董事長兼総経理が登壇した。

台湾には2014年に進出、日本の回転寿司チェーンとしては最多の29店舗を構える。10年以内に全世界1000店舗を目指す。

(9月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 掲示警察局駐外連絡官の報告によると、昨年12月までに国外で薬物関連の犯罪により身柄を拘束されている台…
  2. 説明しよう! 「手紙」は中国語では「トイレットペーパー」のことを指すものである。日本語であれ中国語…
  3. ネット掲示板では近頃、年末ボーナス額を報告し合い各業界の差異を比較する現象が起きている。ある…
PAGE TOP