日本から提供のワクチン接種 75歳以上を対象にスタート

 日本から提供された新型コロナウイルスワクチンの接種が6月15日(火)、台湾全土で75歳以上の高齢者を対象に開始された。

 ワクチンは英アストラゼネカ社製で124万回分。中央流行感染症指揮センターによると、提供分すべての接種が完了すれば、接種率は全体の1割となる見込みだという。

 接種に際し、高雄や台中、桃園の大規模接種会場では、福岡市宇美町(うみまち)で行われた、高齢者は座ったままで医師が移動する「宇美方式」を採用。1時間で120人への投与が完了できるとして注目を集めている。日本のメディアによると「宇美方式」は医師がトヨタの生産ラインを参考に考案したもので、従来の接種法より8倍のスピードを見込めるという。

 一方、桃園市では接種会場前に接種希望者が500~600㍍に渡り行列するといった現象もみられ、管理側は安全な距離を保つよう呼びかけた。

(6月16日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP