知育玩具の誤飲で救急搬送 担当医師、販売禁止を進言

中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育用玩具『バッキーボール』の販売を禁止するべき」との投稿をアップした。

医師によると数日前、ボールを飲み込んだ男児が救急搬送され、全身麻酔のうえ開腹手術にてボールを取り出したという。バッキーボールは立体パズルとして子どもの創造力や想像力を育む知育用玩具だが、一粒のサイズが小さく誤飲を起こしやすい。また強い磁力を持ち、腸内などに散在した場合腸壁の出血や壊死、腹膜炎を起こしかねないと危険性を指摘し、台湾国内で販売するべきでないとした。

(9月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP