生活困窮者の新支援策を審議 長庚醫院、昇給に慰労金も給付

林佳龍・交通部長は7月21日(火)、新型コロナウイルスの影響を受け生活が困窮する国民への給付金支援策について、7月末にも新たに援助策「紓困3.0」を実施することを明らかにした。

新型ウイルスの感染拡大に関し、林部長は「感染状況のコントロールは政府ありき。扉を閉じることが重要」と述べ、交通部では各企業が職員を雇用したままでいることに目を向け、同支援策によって給与補助を行うとした。困窮者支援対策が6月末で打ち切られた後、未だ困窮状態にある人々を救済すべく新たな方案を今週にも行政院で審議する。審議が通れば立法院へ直ちに提出し、7月末までにはスタートする見込みで、期間は7月から9月までの3カ月となる。

また長庚醫院では21日(火)、今回のウイルス防疫対策は医療従事者の功労なしには語れないとして、スタッフの昇給及び各人2万元の慰労金を給付することを発表。平均昇給額は4.37%で、同院ではおよそ6.39億元の支出となる。

(7月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP