文化・芸術振興クーポン抽選 210万人当選も外国人は除外

文化部が発行する、文化、芸術関連の施設・店舗で使える600元分の電子クーポン「芸FUN券」に関して、7月21日(火)に李永得・文化部長と唐鳳・政務委員立ち合いのもと当選者の抽選が行われ、210万人が当選した。

同クーポン券は新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた文化産業の支援策として文化部が発行するもので、12億元を投じ50億元の経済効果を見込んでいる。参加施設・店舗は博物館や文化ホール、書店、レコード店、映画館、ライブハウス、など1万カ所以上のカルチャースポット。

申請はスマホ用の専用アプリを通じて18日(土)~20日(月)に行われ、「3倍振興券」と同様、台湾国民と居留証を持つ外国籍配偶者にのみ限られる。

使用期限は12月31日(木)まで、実店舗でアプリを開きスキャン、ネット上の場合は支払い方法から「芸FUN券」を選択することで利用できる。

(7月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP