劇場版「鬼滅」公開から10日 「君の名は。」を抜きトップ

10月30日(金)より台湾全土で公開されている日本のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が、公開から10日間で2億7290万元を突破。これまで日本の作品としては興収トップだった「君の名は。」の2億5025万を超え、最高記録となった。

同作は30日(金)に字幕版が、11月6日(金)より中国語吹き替え版とIMAX版が封切られ、字幕版が公開からわずか3日間で1億元を突破している。配給元によると、同作は2019年4月にTV放送が始まると人気沸騰、吹き替え版声優のイベントや関連商品300点の売れ行きも好調だという。

(11月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP