101撤退の「欣葉」 更新条件に不服

信義区のランドマークビル「台北101」内のレストラン「欣葉」が2月29日(土)を最後に同ビルから撤退することがわかった。

撤退に関し、世間では新型ウイルスの影響と騒がれていたが、関係筋の情報によると101側との契約更新が不成立となったためという。101は同店に対し契約期間を1年に限定、毎年賃貸料を調整、同店を経営するグループの営業資料の提出などを指示。同店はこれを不服とし、更新には至らなかった。

(2月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP