高雄の違法夜市 11月で営業停止

高雄市経済発展局は10月29日(火)、前鎮区にある「一徳夜市」が違法に営業しているとして11月11日(月)をもって営業を停止するよう命じた。
同夜市は30年に渡り営業していたが、夜市利用者による騒音やゴミ投棄などの被害が年々増加していた。同局では2012年11月12日に「高雄市露天商臨時集中場管理自治条例」を制定。出店者は7年以内に管理委員会組織名義で申請し、認可を得た場合のみ営業を継続できるとした。しかしながら同夜市では未だ申請手続きを終えておらず、同局は今回の決定に至ったとしている。
なお同夜市に出店していた露天商300店余りは、今後その他夜市へ移動するなどサポートしていくという。
(10月29日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP