高美湿地にゴミ漂着 市民の声「景観損ねる」

台中市の著名観光スポット「高美湿地」で、近頃ゴミの漂着が深刻な問題となっていることがわかった。同市議会議員が市民からの投書を受け明かした。

農業局によると、冬から春にかけ海上に投棄されたゴミが湿地に流れ込み、1日に二度、干潮になるとそのままゴミが残されるという。同局では関係機関にゴミの処理を委託するとともに、人々にゴミのマナーを守るよう呼び掛けている。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鮮度が売りの食材たちMRT忠孝敦化駅から徒歩約10分。「仁愛敦化圓環」近くの「凱恩斯…
  2. 先週のニュース トップ51 違法販売の医療用マスク 夜市含め一斉調査へ…
  3. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
PAGE TOP