高美湿地にゴミ漂着 市民の声「景観損ねる」

台中市の著名観光スポット「高美湿地」で、近頃ゴミの漂着が深刻な問題となっていることがわかった。同市議会議員が市民からの投書を受け明かした。

農業局によると、冬から春にかけ海上に投棄されたゴミが湿地に流れ込み、1日に二度、干潮になるとそのままゴミが残されるという。同局では関係機関にゴミの処理を委託するとともに、人々にゴミのマナーを守るよう呼び掛けている。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP