ワクチン接種予約システム完成 唐鳳・政務委員自ら説明行う

 オードリー・タン(唐鳳)政務委員は7月6日(火)に行われた中央流行感染症指揮センターの定例会見で、「COVID-19ワクチン接種予約システム」(1922.gov.tw)の完成報告と使用説明を実施。これにより7日(水)朝8時までに第9、10類の条件に適合する148万人の接種希望者が登録を行った。

 タン委員によるとシステムは主に64歳以下を対象としたもので、わずか4ステップで登録できる。現在は第9類に適合する19~64歳の重篤な疾病や高リスクな疾病、稀少または重篤な傷病者と、第10類の50~64歳を対象とし、6日(火)・7日(水)は離島の居住者から受付を開始。まず接種希望登録を行い、条件に合致すればシステム側から送信されるSMSを受け取り次第予約に進むことができる。

 なお有効期限6時間を超過したワクチンの破棄を防ぐため、各接種地点でのキャンセル分や最後の1瓶の余剰分の接種予約を19歳以上のすべての人に開放している。

(7月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP