香港で10代姉妹が窃盗 被害額計1880万元に

 

香港・九龍半島の黄大仙区にあるマンションで、4月30日(月)深夜、510万香港ドル(1880万元)相当の宝飾品が盗まれ、警察は被害者の女性と同居する男性の娘らの身柄を確保、未成年による窃盗事件として台湾でも物議を醸している。

警察によると、被害者は39歳の女性で、ネックレス2本とブレスレット1本が盗難に遭った。女性は約1カ月前から男性とその娘2人と同居していたが娘との折り合いが悪く、犯行のあった前日にも口論をしたという。

当初、犯行は10歳と12歳になる娘の2人によるものとみられていたが、5月1日(火)、長女の同級生も関わっていることが発覚。警察は3人を拘留し取り調べているが、自白に基づきマンション外を捜索したものの依然として盗まれた宝石の行方はわかっていない。

香港では2015年にも尖沙咀で12歳の少女による宝石の窃盗事件が発生している。

(5月2日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  2. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
  3. 日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエク…
PAGE TOP