韓國瑜・高雄市長の罷免確定 最後の記念撮影「笑えない」

住民投票により罷免が決定した韓國瑜・高雄市長が6月9日(火)午前、今任期最後となる市議会に出席。市長の支持者ら数十名が駆け付け、市長にエールを送った。

市長は6日(土)、市民による投票で罷免が確定。趙少康・元立法委員によると、国民党側では同意票数を54~57万票程度とみていたが、実際には93万9090票が投じられた。

議会後には「卒業スピーチ」を行い、現任議員らとの記念撮影を実施。カメラマンに笑顔を要求されると「笑えない」と拒否した。

罷免案に関し4月中旬頃、高雄市民40万人以上が市選挙委員会に市長の罷免投票実施を要求する署名を提出。既定の数量である有権者数の4分の1を超えていたため、正式な実施が認められた。市長や支持者らは当日までに撤回を求めたり、同意票を投じないよう積極的な活動を展開したが、努力もむなしく大多数の同意を得て罷免が確定した。

(6月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP