韓国ドラマに台湾グルメ登場 人気役者がタピオカ頬張る

近頃放送を開始した韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」に、台湾のチェーン店「鹿角巷」のタピオカミルクティが登場した。

同ドラマはイ・ミンホとキム・ゴウンという人気俳優を主演に、キムの過去作「トッケビ」でメガヒットを記録した脚本家キム・ウンスクが手掛けた期待のファンタジーロマンス作品。タピオカ店はキム・ゴウンの友人が開いた設定で、イ・ミンホが韓国式チキンとともに頬張るシーンがある。ネット上では「#來自台灣的攻擊(#ThisAttackComeFromTaiwan)」のハッシュタグとともに話題となった。

(4月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP