韓国ドラマに台湾グルメ登場 人気役者がタピオカ頬張る

近頃放送を開始した韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」に、台湾のチェーン店「鹿角巷」のタピオカミルクティが登場した。

同ドラマはイ・ミンホとキム・ゴウンという人気俳優を主演に、キムの過去作「トッケビ」でメガヒットを記録した脚本家キム・ウンスクが手掛けた期待のファンタジーロマンス作品。タピオカ店はキム・ゴウンの友人が開いた設定で、イ・ミンホが韓国式チキンとともに頬張るシーンがある。ネット上では「#來自台灣的攻擊(#ThisAttackComeFromTaiwan)」のハッシュタグとともに話題となった。

(4月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP