電動バイクGogoro クレームに応え新プラン

台湾の電動バイク「Gogoro」を購入した人々がアフターサービスに不満を訴えていた件で、同社CEOの陸學森は5月26日(火)、これらを解決するための新プランを発表した。

同社は昨年の年間総販売数が14万5700輌に達し、台湾のシェア第2位。陸CEOによると現在台湾で30万輌以上を販売しているが、うち半数は昨年購入されたもので、電池の交換地点やサービスステーションの設置数などの需要が急増。対応しきれずクレームに繋がったとしている。

新プランでは、年内に電池交換スポットを1605カ所から1900カ所に、補修スタッフを296人から802人まで増やす計画。

(5月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP