隣人の女性を殺害の男が自殺 女性の遺体は切断され遺棄

台北市萬華区で1月6日(月)、マレーシア籍の華人の女性が隣人の男に殺害された件で、検察は14日(火)、女性の遺体の司法解剖を行った。
遺体は男によって切断されており、一部が未発見。警察では遺体をすべて発見できた後、生前に暴行を受けたか否かを調べるとしている。
調べによると女性は6日(月)仕事を無断欠勤。同僚が午後自宅を訪ねるも見つからず、同日夜になって同居の従兄が通報した。警察は翌7日(火)午前、捜索を開始。女性宅の向かいに住む犯人の男宅を訪れ、参考人として派出所で事情聴取を行ったが、疑わしい点がないと判断し自宅に帰していた。しかし監視カメラ映像から男が段ボール2個を運び出し基隆へ向かったのを確認、基隆市内の産業道路で女性の遺体の入った箱を発見した。
なお12日(日)に男も自殺したとみられ遺体で発見。犯人死亡で不起訴となった。
(1月14日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 仏仕込みの本格ケーキ大直駅から徒歩8分、昔ながらのアパート「公寓」が立ち並ぶ大直街沿…
  2. 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客の間で新型コロナウイルス(COVID-…
  3. 先週のニュース トップ51 ネコを上階から投げ落とし虐殺 24歳の男を逮捕&nbsp…
PAGE TOP