鉄道運転士に薬物検査 2人が陽性、再検査も

台湾鉄道は11月9日(金)、乗務員に対する薬物検査を実施。その結果、運転士2人の尿から陽性反応が出たことがわかった。
 
今回の検査は、10月に起きた脱線事故の運転士が、過去に薬物使用の摘発歴があったことを受け実施。しかしながら約10人が検査前後に風邪薬を服用、誤反応の可能性も否定できないとして再検査を予定。不合格の場合は停職、再検査で陰性反応だった場合は職務に復帰させるという。
 
(11月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 初体験の台湾式耳かき耳から頭、肩首までスッキリ台湾に来る前はベトナム勤務…
  2.  新北市觀光旅遊局は1月14日(木)18時より、公式webサイト(booking-ntp…
  3. 和食が旨い創作串焼居酒屋東区はカフェやアパレルショップが立ち並ぶ通り沿いの創作串焼店…
PAGE TOP