釣魚台での衝突事故 台湾、賠償請求も検討

石垣島北方にある釣魚台列島(尖閣諸島)近海で9月27日(日)、日本の海上保安庁の公船と台湾の漁船が衝突した件で、蘇貞昌・行政院長は29日(火)、海巡署と漁業署に調査を命じた。漁業の法的権利を守るためとしている。

この件について日本側は台湾の漁船が日本領海に侵入していた、台湾は合法的に漁をしていたとして見解に相違がみられる。行政院長は調査によって権利侵害が認められれば、賠償を求めるとしている。

(9月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

PAGE TOP