金馬奨審査員長にコン・リー 4年ぶり、実行委と和解に

今年11月に行われる台湾最大の映画祭「台北金馬映画祭」の実行委員会は、7月17日(火)、「金馬奨」の審査委員長に中国の女優・コン・リー(鞏俐)が就任したことを発表した。

コン・リーは2014年に同奨にノミネートされたが受賞を逃し、所属事務所関係者が同奨を批判。二度と参加しないと公言した。しかしながら同映画祭委員長のアン・リー(李安)監督の説得により、実行委員会との関係を修復、審査員長就任に至った。

(7月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鍋とお酒をオシャレに朝から夜まで地元民や仕事帰りの人々で賑わう晴光市場・雙城街エリア…
  2. 先週のニュース トップ51 宝くじ史上最高額当選は台北と南投に二分、各3…
  3. 近頃行われた世論調査によると、「宝くじに当選した後も仕事を辞めずに続ける」と回答した人が69%に上っ…
PAGE TOP