遊園地爆発事故4年 遺族の賠償請求が棄却

新北市八里区のテーマパーク「八仙海岸八仙水上楽園」で2015年に発生した粉塵爆発事故から4年、10人の被害者遺族が交通部観光局及び新北市政府、内政部消防署に対し賠償を求めていた件で、士林地方法院は10月1日(火)、遺族の請求を退ける判決を下した。
この事故では15人が死亡、471人が負傷。設備面で問題があったにも関わらず営業を許可した観光局などの責任が問われている。
(10月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP