華山殺人事件の二審判決 死刑から無期懲役に一転

台北市中正区で一昨年5月、女性が殺害後遺体を切断・遺棄された事件で、最高法院は4月7日(火)、犯人の男を無期懲役とした。一審の死刑を覆す判決に、被害者の父親は「納得がいかない」と話している。

現場は中正区華山エリアの「草原自治区」と呼ばれる場所で、犯人の男は女性に性行為を要求したが拒否され、強姦した後に首を絞めて殺害。遺体を施設内に隠し、翌日解体して遺棄したほか、一部を自宅に持ち帰り標本として保存した。

最高法院の呉燦院長は、男の手段は非常に残酷で遺族への謝罪もなく、また犯行を認めておらず後悔はみられないとしながらも、自首した点を認めたと説明している。

(4月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  花蓮縣秀林郷の太魯閣國家公園奇莱主山北峰にて、登山客の男性3人がズボンと下着を下ろし下半身を露…
  2.   第57回金馬映画奨の授賞式が11月21日(土)に行われ「消失的情…
  3.  労働部労働力発展署は11月23日(月)、雇用許可期限が満期を迎えた移民労働者に関し、コロナ…
PAGE TOP