自宅前の駐輪に違反切符 取り締まり強化で住民不満

 

新北市汐止区の住宅街で、今年9月頃からバイクの駐輪取り締まりが強化され、近隣に住む人から不満が出ていることがわかった。

同区の中興路では十数戸の民家が並び、住民らはこれまで自宅前の路上付近にバイクを停めていた。しかし9月に入って違反切符が交付されるようになり、人によっては1週間で8枚、10枚を数える状況になっているという。1枚当たりの罰金額は600元で、住民らはほかに停める場所もなく、なす術がないとして同エリアを管轄する町内会長に不満を訴えている。会長は市議会らと協議のうえ、近隣に適した場所を探し駐輪場を設けたいとしている。

(11月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP