窃盗犯が拾得物届ける ドライブレコーダーでお縄

台中市で今年6月、路上に停車していた車両の中にあったかばんから現金を盗み、かばんを拾得物として警察に届けた25歳の男に対し、台中地方法院は20日間の拘留または罰金2万元の刑を下した。
男は台中市内のコンビニ前に停めてあった車両からかばんを盗んだが、入っていた現金は100元のみ。ひとまず100元を盗んだが、金額が小さかったことと良心の呵責からかばんを警察に届けた。警察は男を「熱心な市民」として褒め称えたという。
しかしながら車両の持ち主からかばんは車内にあったとの証言を受けドライブレコーダーの映像を確認したところ、その男自身が窃盗犯であると判明した。
(9月25日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 無限大の組み合わせ現在台湾に4店舗を構える「ベジテジや」、台北在住日本人にはもはや定…
  2. 先週のニュース トップ51 国民党が立法院占拠 陳菊・監察院長就任に反対で&nbsp…
  3. 新北市土城区に住む男性が、人気のスマホゲーム「ポケモンGo」のプレイ用に自転車を改造、スマートフォン…
PAGE TOP