犬猫ダンボールで発送 飼育センターに警告

高雄市にある犬猫飼育センターが11月19日(火)、紙製のダンボール箱で犬を発送していたことがわかった。
台湾緊急動物救援ユニットが通報を受け市動物保護署とともに同センターを訪れたところ、スタッフは「通常はペット用輸送ケージを使用しているが、この時すべて使用中だった」と説明。購入者に確認のうえ紙製ダンボールで発送したと話した。子犬は息があったが弱っており、怯えた表情を浮かべていたという。
同飼育センターはこれまでにも同様の手段で犬猫を発送。今回は動物保護法に則り警告と指導に留め、今後同様の違反があった場合、罰金を科すとしている。
(11月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  2. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
  3. 台湾の女性タレント劉真が3月22日(日)22時22分、台北市内の病院で亡くなった。44歳だった。…
PAGE TOP