桃園のバス運転手 障がい者2人に暴言

桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3月17日(火)、同運転手に対し9000元の罰金を科したことを明らかにした。

調査によると降りる予定の停留所を過ぎた職員2人に対し、運転手が「バカだから薬を飲め」などと発言。2人は驚いてバスを降り、大雨の中2kmの道のりを歩いて施設へ向かったという。

(3月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台南市の花園夜市で、少女が深夜まで菓子を売る姿が目撃され、議論を醸している。ある女性が11月…
  2. 経済部は11月16日(月)、第4季困窮者対策として、製造業及び技術サービス業労働者への給与と運営資金…
  3. 痛みに弱い私でも程よいと感じるギリギリの効果あり施術普段パソコンやタ…
PAGE TOP