来年就航のスターラックス 就航便10分で売り切れに

来年1月23日(木)営業開始予定の「スターラックス(星宇)航空」は12月16日(月)11時、公式サイトで就航便のチケットを発売。1路線が開始6分で売り切れ、残りも10分ほどで売り切れた。
初フライトはマカオとベトナムのダナン、マレーシアのペナンの3路線で、マカオが6分、ダナンが9分、ベナンが11分で売り切れた。発売と同時にアクセスが集中し、一部ユーザーはサイトに入ることさえできなかったという。
また同社は17日(火)、地上及び空中スタッフの募集を開始。現時点で300人ほど欠員があり、パイロットやキャビンアテンダントのほか、グランドスタッフや社内の法務、財務、営業、機内備品の買い付け、倉庫管理など67部門で応募を受け付けている。来年の新卒生にも門戸を開き、給与は平均で3万5000~4万5000元。キャビンアテンダントは12月中にも英語による面接や筆記試験などを行い、140人を採用する。
なお同社董事長の張國煒氏は就航便の操縦は行わない見込み。
(12月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP