放置状態続くoBike 回収・保管費用1800万元

昨年10月に事実上撤退したシェアバイクサービス「oBike」に関し、台北市政府交通局は今年4月より放置された車両の一掃計画を実施。7月末までに8309両を回収したことがわかった。
oBikeは台灣奧致網絡科技有限公司が運営していたが、今年5月同局が業務の停止を確認。現在はwebサイトも閉鎖し、車両は放置状態にあった。回収した車両の保管費用1800万元も未納。
また台湾大学の構内に放置された約1000台の車両について、大学側は同社に回収及び保管費用1021万元の賠償を申し立てたが、台北地方法院が却下している。
(9月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP