放置状態続くoBike 回収・保管費用1800万元

昨年10月に事実上撤退したシェアバイクサービス「oBike」に関し、台北市政府交通局は今年4月より放置された車両の一掃計画を実施。7月末までに8309両を回収したことがわかった。
oBikeは台灣奧致網絡科技有限公司が運営していたが、今年5月同局が業務の停止を確認。現在はwebサイトも閉鎖し、車両は放置状態にあった。回収した車両の保管費用1800万元も未納。
また台湾大学の構内に放置された約1000台の車両について、大学側は同社に回収及び保管費用1021万元の賠償を申し立てたが、台北地方法院が却下している。
(9月4日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP