小中校で新学期開始 93校で1学級に生徒1人

 

台湾の各縣市で8月30日(水)、小中学校の新学期が始まったが、うち93校の130クラスで「1学級に生徒1人」の状態が発生していることがわかった。

教育部によると、全国22縣市において今年の「1クラス1人」は昨年より60クラス増。新北市の10校及び花蓮縣の12校で各16クラスずつと最多となった。これらの学校はすべて、管轄区域に住む子どもが区域外校に越境入学するケースが多発しているという。

(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察…
  2. 旧ソ連に創られた美しい風景「ソヴィエト・バス・ストップス」監:クリストファー・ハーウィグ中国語…
  3. 台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。 同社は…
PAGE TOP