地方選、世論調査期間終了 反同婚立案団体が選挙委を告訴

11月24日(土)の統一地方選を前に、中央選挙委員会は13日(火)、「公職人員選挙罷免法 第53条」に基づき、投票日の10日前に当たる14日(水)以降、候補者の新規公布及び世論調査を禁ずることを公表した。違反があった場合、50万~500万元の罰金が科される。
今回同時に行われる国民投票は、昨年12月の法改正後初の実施。中央選挙委員会は行政院、総統府、司法院、裁判所、総統・副総統官邸、空港、軍事施設、各国大使館などの近辺での宣伝活動全般を禁じることを強調した。
そのほか同性婚反対に関する国民投票3案を立案した社団法人「下一代幸福聯盟」理事長・曾獻瑩は中央選挙委員会が公布した同3案に関する公示が、同聯盟の立案内容とは異なるとして不満を表明。今月2日(金)、投票案に関する意見書を先月28日(日)に引き続き提出したが、しかしながら投票日28日前以降の提出が禁じられているため、規定に反するとして認められなかった。同理事は委員会の決定に不満を示している。
(11月14日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP