台鐵車両に上った男性が感電 全身の3割に火傷で救急搬送

台湾鉄道「烏日」駅で2月3日(月)13時20分頃、男性が電車の上部に上り架線に触れ感電するという事故があった。

警察によると男性は台中市に住む26歳。警察が駆け付けると、男性はホームに座り込み全身の36%ほどに2~3度の熱傷を受けており、救急搬送された。

居合わせた乗客らによると男性は車両内で騒ぎを起こし、烏日駅で電車が停止すると外へ飛び出し車両によじ登ったという。架線には2万5000wの電流が流れており、男性の身体は一瞬で火に包まれた。男性の衣服にも火がついていたため、乗客らが消火器で消火したという。

 

(2月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鮮度が売りの食材たちMRT忠孝敦化駅から徒歩約10分。「仁愛敦化圓環」近くの「凱恩斯…
  2. 先週のニュース トップ51 違法販売の医療用マスク 夜市含め一斉調査へ…
  3. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
PAGE TOP