台湾ベスト電器全店撤収 代理会社、三菱エアコンへ

 

「アクション・エレクトロニクス(憶聲電子)」が12月7日(木)、日系家電量販店「倍適得電器(ベスト電器)」の解散を発表、25日(月)の臨時株主総会での決議を経て、台湾に展開する全17店を完全撤収する。

同社は2009年10月より倍適得電器の台湾における展開・運営を担ってきた。しかしながら近年、ほかの電器店が台頭したことで経営環境も大きく変化。今年11月末の財政資産報告にて負債額が明らかになり、解散と清算を決めた。

同社は来年以降の経営改善を念頭に、日本の三菱重工の空調設備代理を手がける川菱工業グループと提携し、台湾のエアコンシェアトップを目指すとしている。同社の家電ブランド「Kolin(歌林)」では近年エアコンの売れ行きが好調。来年は川菱の工業用、Kolinの家庭用ともに商品ラインナップを拡大し、20%の増益を見込んでいるという。

(12月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP