台湾の監督、性的暴行で通報 過去作品でも女優が被害

台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたとして通報された。監督側は告訴しないよう求めているが、女性は態度を強固にしている。
また今回の件に絡み、鈕承澤が11年前に製作した「ビバ! 監督人生(情非得已之生存之道)」に出演した女優・柯奐如に対し〝芸術のための犠牲〟と称し全裸でのベッドシーンを強要したことが報道された。
なお新作「跑馬」にはオーディション番組「偶像練習生」からデビューの台湾人アイドル・陳立農も出演、ファンらの間では製作の続行を危ぶむ声も聴かれる。
(12月6日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 韓國瑜・高雄市長が5月19日(水)、市議からの質問に対し「高雄ディズニーランド」の実現は困難として政…
  2. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  3. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
PAGE TOP