台中の紅葉の名所 週末限定で公開中

台中市后里区にあるテーマパーク「麗寶楽園」にて、近頃美しい紅葉の並木道が人気の撮影スポットとなっている。
同区内にある泰安駅以東一帯はヌマスギ(落羽松)の紅葉で知られるエリア。中でもとりわけ美しいのは西へ5㌔ほど離れた同パーク内の並木道で、赤に黄色、オレンジ、緑と色とりどりの樹木が注目を集めている。並木林が公開されるのは今年が初めてで、12月7日(土)~22日(日)の土日、11時半~16時に限りテーマパークの利用者にのみ入園を許可。さらに100元の観賞料を徴収しているものの、一見の価値があるとして親子連れやカップルを中心に人気を呼んでいる。
(12月3日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP