モスクワ写真コンテスト 基隆のトンネル写真で快挙

世界規模の写真コンテスト「モスクワ国際フォトアワード(MIFA)」にて、台湾人の写真家・楊宗翰氏による作品「夜間隧道」が建築部門グランプリを受賞した。
楊氏の作品に写るトンネルは基隆市内の〝蓬萊第一洞〟と呼ばれる場所で、氏によると子どもの頃毎日必ず通らなければならず、通る時は時間の流れが遅く感じていたという。トンネルの形状や印象は曖昧なのに、内部の光と壁の質感、時空を超えるような雰囲気が記憶に強く残り、今回の題材に選んだと話している。
受賞作品は6月19日(水)~23日(日)まで「モスクワ・フォト・センター」にて展示予定。
(5月27日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP