ホテルで発見の少女遺体 男ら3人の身柄を再拘束

台中市豊原区のホテルで17歳の少女が遺体で発見された件で、高等法院台中分院は7月24日(水)、少女とともにホテルにいた男3人の身柄を再度拘束した。
男らは7月14日(日)、少女とともにホテルに入ったが、先にチェックアウト。遺体が発見された後、警察は何らかの関わりがあるとみて男らの取り調べを行ったが、証拠不十分で釈放されていた。その後の調査で、少女がドラッグパーティに参加、その場にいた男ら6人がドラッグでもうろうとした少女をホテルに連れ込み、うち3人が少女と性行為を持ったことが判明している。
(7月25日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP