ベランダから滴る水 口論から傷害事件に

高雄市に住む70歳代の男性が、住居の階上から滴る水で洗濯物が汚れたとして階上の住人と口論になり、相手を刺した件で、高雄市地方検察署は男性を殺人未遂罪で起訴する方針。
今年1月、階上の住人は窓際に植物を置いており、水やりの際に階下に住む男性宅のベランダに水が滴った。また6月にも同様の件が発生、男性はこれに怒り不満を述べたところ口論に発展したという。
(9月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP