ベランダから滴る水 口論から傷害事件に

高雄市に住む70歳代の男性が、住居の階上から滴る水で洗濯物が汚れたとして階上の住人と口論になり、相手を刺した件で、高雄市地方検察署は男性を殺人未遂罪で起訴する方針。
今年1月、階上の住人は窓際に植物を置いており、水やりの際に階下に住む男性宅のベランダに水が滴った。また6月にも同様の件が発生、男性はこれに怒り不満を述べたところ口論に発展したという。
(9月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  2. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
  3. リンパマッサージで体質改善代謝の停滞、ダイエットに台湾で不規則・不健…
PAGE TOP