デリバリースタッフの事故死 大手2社に対し労働局調査へ

フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故で死亡したスタッフと事業主である「Uber Eats」は虚偽雇用関係にあると指摘、労働検査處も勤務状態の調査に乗り出した。「Uber Eats」にスタッフの出勤記録及び給与帳簿などの提出を求めており、これらが提出されない場合最高で175万元の罰金が科される。
一方「foodpanda」もスタッフ1人が事故死しているが、同社は同日、書面にてスタッフの保険加入は必須としており、遺族への賠償などは関連法規に則って手配していると発表。労働局の指摘する虚偽の雇用関係認定に対しこれを否定した。
台北市では10月に入ってからデリバリースタッフの交通事故が30件発生、2人が死亡、20人が負傷している。
(10月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP