デリバリースタッフの事故死 大手2社に対し労働局調査へ

フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故で死亡したスタッフと事業主である「Uber Eats」は虚偽雇用関係にあると指摘、労働検査處も勤務状態の調査に乗り出した。「Uber Eats」にスタッフの出勤記録及び給与帳簿などの提出を求めており、これらが提出されない場合最高で175万元の罰金が科される。
一方「foodpanda」もスタッフ1人が事故死しているが、同社は同日、書面にてスタッフの保険加入は必須としており、遺族への賠償などは関連法規に則って手配していると発表。労働局の指摘する虚偽の雇用関係認定に対しこれを否定した。
台北市では10月に入ってからデリバリースタッフの交通事故が30件発生、2人が死亡、20人が負傷している。
(10月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 韓國瑜・高雄市長が5月19日(水)、市議からの質問に対し「高雄ディズニーランド」の実現は困難として政…
  2. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  3. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
PAGE TOP