コロナで延期の施設 9月に正式オープンへ

新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5日(土)にも開幕することがわかった。

同ホールは総工費40億元を投じ敷地面積はおよそ9ha。5000~6000人を収容し、年間30~40回の公演を開催する。10月3日(土)には台湾レコード大賞「金曲奨」も予定し、開幕当日は人気バンドを招いてのステージを計画。

(6月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義市内のドリンク店で、オーダーがキャンセルされた紅茶200杯を、近隣の店舗らが協力し完売するという…
  2. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  3. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
PAGE TOP